スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

プロ意識とは、立場をわきまえること!? 

■今回の話題
 プロ意識とは、立場をわきまえること!?

いつも遊びに来てくれてありがとう(-^〇^-)
今日のランキングは? ←1位奪還なるかっ!?
1日1回のポチっとめっちゃブログを書く励みになります!


以前カレー屋をしていたときのことを振り返ってみると、そのときの私の接客態度はプロではなかったなと反省しました。 どんな行動だったのか??というと、

□プロ失格
お客様:「え~~っ一人でやっているの??大変そうだね」
私:「そうですね、何でも一人ですから、体力的にしんどいときも....」

と答えてしまっていたんです。多くの方にアドバイスをしていただいて、今考えてみると、

なんとショボい奴だったんだろう。
なんてプロ意識がなかったんだろう。

とめっちゃ反省します。

私がショボかったなと反省できたのは、多くの尊敬できる方々に共通するプロ意識を学ばせていただいたんです。めっちゃありがたいです。 お役に立てればと思い、ご紹介させていただきます。

当たり前のことを当たり前にするってやっぱ難しいですね???

続きを読む前にポチっとよろしくね!!⇒rank_gif

コンテンツマッチ広告のブレイナー




□流通のプロの場合
どの方にも尊敬する師匠っていらっしゃると思います。
私も先生として学ばせて頂いているある方がいらっしゃいます。
その方は商社に長く携わっていたので、流通の知識はすごいんです。

しかもコミュニケーション能力がハンパじゃないんです。
その方と一緒に、あるビジネスをさせてもらっているのですがこうおっしゃりました。

扱っている商品に自信があるなら、相手の言葉で一喜一憂する必要はない。
この言葉を聞いて、ハッとしてしまったんです。

相手に商品を進めるときに、たとえ商品が相手に合わなかったとしても、自分を否定している訳ではないんですね。 ただ商品が合わなかっただけです。
なのに相手の反応を過敏に気にしてしまうと、

そうですか、そうですか、う~~~ん、じゃぁいいですね。
と弱気になってしまいます。相手からしたら弱気に紹介された商品を買う気にはもちろんなりませんね。しかも、

そんなに自信のない商品を紹介したのかよ!!
と心の中でツッコんでいると思います。

79%適当な営業をしています、ですが!? で紹介させて頂いたように、私は実際使ってますし、衝撃が走る商品なので、 自信を持って紹介できるにも関わらず、自信をなくしてしまうときもあったんです。良く考えると、それは

自分の心の弱さに問題があったんでは??
と反省しました。

断られるのが怖いから、自分が否定されたように感じてしまうから
そんな理由で自信を持っておすすめ出来なかったのかもしれません。


□お好み焼き屋のマスターの場合
精神力の強さでは、この人の右に出るものはいないんじゃないか???
と思うほどにとても芯を持った方です。
トップ営業マンの末に、人間不信となってしまい、現実逃避で山ごもり。野犬との共同生活を経て人間社会へ。 その後ホームレスになってから、社会を代えるべく起業したというとても波乱万丈なまだお若いマスターです。

そのマスターのお店にちょっとコワい感じのお客様がいらっしゃいました。

お客様:「にいちゃん、お前、政治家になりたいんか??」
マスター:「はい、~~~と思い、世の中の仕組みを変えたいんです」
お客様:「おいっ、大人の社会はそんなに甘くわ、ね~~んだぞ!!」


ちょっとビビったマスター、一息置いて、
マスター:「はい、ただ変えたいという想いで、手を挙げることくらいはしてもいいんじゃないですか??」

お客様は顔色を変えて、にらみ付けます。そして...
お客様:「気に入った!!!!!がんばれ!!!」

というストーリーがあったそうです。その時の想いの強さがなかったら決して味方にはなってくれなかったでしょう。 しかしその状況すらも超える想いの強さが相手を魅了したのだと思います。


□初心者という罠
インターネットという相手が見えない社会でもこれは当てはまる気がします。

初心者のアフィリエイト挑戦記といった感じのサイトを良く見るのですが、初心者という時点ですでにマイナスな気がするんです。

初心者に対して自信を持ってオススメをしているのは最高に素晴らしいと思うのですが、

私は初心者です
と言ってしまうのは、説得力に欠けると思うんです。初心者がオススメしている商品の信頼性にかける気がするからです。

営業マンがすんごい弱気で営業してくるのと一緒で、疑わしいものをさらに疑わしくさせてしまいます。

やっていることが嘘ではないし、騙してないならば堂々としているべきでは??
と私は思います。

ネットビジネス戦略セミナーを私は自信を持ってオススメします。

さらに、こういう想いで紹介してます。

良くなりたいんなら買うべき、現状に満足してるなら買う必要なし!!
現状に満足している人に営業テクニックで無理やり売りつけるのは、私はイヤですし、
何よりも買った人が喜んでほしいんで、その喜びがあって後からお金がついてくる気がします。


□尊敬するカレー屋の創業者の場合
今思うと、若気のいたりでした。すいませんと感じることがあります。
カレー屋を始める前にあるカレー屋FCの創業者とお会いするチャンスがあったのですが、今思うと失礼だったのかなと思います。

そのFCは、全国展開しているCOCO●というカレー屋です。
とてもお優しい感じだったので、私は失礼ながらこんなことをさせてもらいました。

私のカレーを全国に1000店舗以上構えるカレー屋の創業者に食べていただいたv(^o^ ) んです。ほんと若気のいたりです。

アリんこが、象に喧嘩を売っているのと一緒ですね(^-^ )
しかし創業者はアリを踏みつける訳でなく、こう厳かに答えられました。

カレー好きの私にとって、カレーはどこへ行っても美味いと思う。
ただ私もプロである以上、世界で一番美味いカレーは私のお店のカレーです。
その姿勢は必ず花開く、めげずに前に進んで行って下さいね。





ドーーーン!!!!!
衝撃が走りました、本当にプロのお言葉だと感じました。

その立場をわきまえた誇りが、社員やお客様の信頼を集める理由だと思いました。
自分の会社に自信があるから皆さんがついて来てくれるのだなと本当に感じます。

しかも若造に気を使って謙虚におっしゃる姿勢が、一瞬で私を魅了してしまいました。
その後もいろいろしていただいたのですが、本当に尊敬してます。


□プロ意識を揺るがす問題
本当に多くの方との出会いを振り返ると、私自身の未熟さを感じました。
何をするにしてもプロ意識が必要だと感じ、プロ意識とは、

自分の立場をわきまえた自信を持った行動
であると気付かされました。

本当に感謝しています。


ただみんなそうなのか、私がまだ若いからなのか分かりませんが、

ひとつだけプロ意識を揺るがす問題があります。
こう思う時点でプロじゃないですね(^⊆^) それは、

恋愛感情に厳しくなれない
ときがあるんです。結局はこれも自分次第ではあると思いますが、
なかなかベジータみたいに厳しくなることは難しいんです。

欲しがりません、勝つまでは。
という強さを求めてしまうと、

成功するまでは恋愛はしてはいけないのでは??
というなんか不思議な葛藤に襲われます。そしたら、

婚期を逃してしまうだろうな、間違いなく
とも感じるんです。成功しても空しさが残るような気がします。

社長と従業員、上司と後輩、店員とお客様、プロの方とプロの世界ではない方...
立場を意識したら、恋愛ってタブーなのだろうか??
みなさんは、どううまく割り切って付き合っているんですか??
コメント&トラックバックお待ちしてます!!

次回はもうちょっと深くツッコんでいきたいと思います。
また遊びにいらしてくださいね。

トップページへ戻る


へ~~っと感じたらクリックよろしくね!!ブログランキング!!



コンテンツマッチ広告のブレイナー
スポンサーサイト

[2006/04/28 11:53] 幸せ成功者の思考回路 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kokorogagenki.blog53.fc2.com/tb.php/83-dff49c47





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。